ventana

おとな女子のひとり飯やソロ活、あれこれについての雑記

招き猫からパワーを貰う!豪徳寺に行ってきました。

f:id:sasakinorikooo:20220824213403j:image

猫に招かれて、東京都世田谷区にある豪徳寺へ散歩に行きました。豪徳寺は駅から商店街まで招き猫推しな地域です。ここでは商売繁盛というより縁起物としての意味合いが強く、その理由は豪徳寺へ行けばわかります。

 

招き猫からパワーを貰う!豪徳寺に行ってきました。

案内図の1〜10まで、順番に上げます。f:id:sasakinorikooo:20220825093157j:image

1, 山門 ここからスタートです。f:id:sasakinorikooo:20220825070026j:image

 

2, 三重塔

f:id:sasakinorikooo:20220825070235j:image

 

3, 仏殿 

手前に線香を刺す香炉と、その奥が仏殿です。f:id:sasakinorikooo:20220825070403j:image

 

4, 招福殿 ここにたくさんの招き猫がいます。
f:id:sasakinorikooo:20220825070614j:image
f:id:sasakinorikooo:20220825070640j:image

 

5, 井伊家の墓所 井伊直弼のお墓もこちらにありました。桜田門外の変。

f:id:sasakinorikooo:20220825070740j:image

 

6, 本堂

f:id:sasakinorikooo:20220825070843j:image

お賽銭は小さい窓を開けて、投げ入れます。

f:id:sasakinorikooo:20220825070906j:image

 

7, 開祖堂 工事中のため、立ち入り禁止でした。

f:id:sasakinorikooo:20220825092603j:image

 

8, 赤門 この門の脇に入ったところにも招き猫が並べられていました。

f:id:sasakinorikooo:20220825092622j:image

 

9, 鐘楼

f:id:sasakinorikooo:20220825092641j:image

 

10, 地蔵堂

f:id:sasakinorikooo:20220825092728j:image

 

なぜ招き猫なのか

藩主である井伊直孝が住職の愛猫「たま」に招かれて落雷を逃れたことがきっかけのようです。一般に招き猫というと商売繁盛のイメージがありますが、幸運を招く縁起物として広く扱われています。詳しくは↓

f:id:sasakinorikooo:20220825092753j:image

 

豪徳寺グルメ

豪徳寺グルメでおすすめしたいのが、ラーメンの「りらくしん」です。コロナ禍で営業時間が不定期ですので、りらくしんのツイッターの情報をチェックしてから行ってください。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ささき|ブロガー (@noriko.3rd)

 

ハード系パンの「墨繪」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ささき|ブロガー (@noriko.3rd)

 

豪徳寺駅(山下駅)から商店街を通って豪徳寺に行くと、酸辣粉(サンラーフン)や焼き芋専門店など面白いお店がいくつもあり、より散歩を楽しめます。


最後に

f:id:sasakinorikooo:20220825093018j:image
三重塔を遠目から見ると、緑に囲まれて素敵です。ここは四季折々楽しめそうです。人混みを避けて、のんびりとできる時間が過ごせました。

人出は少ない中、欧米の方々の割合が多いのが印象的でした。外国の方に人気なのでしょうか。

お近くに来る際には豪徳寺の商店街で美味しいものを食べて、招き猫からパワーを貰ってください。