ventana

リフレッシュしたいワーママのソロ活ブログ

SBI証券でつみたてNISAを始めました。口座開設のメリットは手数料とクレカ積立てです。

f:id:sasakinorikooo:20220813203908j:image
今年に入り、自分のと母のつみたてNISAを始めました。そこで口座開設はどこの証券にしようか迷ったので、私がSBI証券にしたメリットを投稿します。

 

SBI証券でつみたてNISAを始めました。口座開設のメリットは手数料とクレカ積立てです。

f:id:sasakinorikooo:20220813203926j:image

まずは「つみたてNISAを始めるならネット証券」が鉄則です。

銀行やネット銀行でもできるのですが、長く続けることを前提としているなら、当然手数料が安いネット証券が第一条件です。

 

次に「クレジットカードで積立てができる」です。

せっかく積立ても、銀行から引き落しされているだけではもったいないです。クレカ積立てなら、NISAの上限が年間40万円、そこに0.5%のポイントがついて2,000ポイントです。キャッシュバックできたら、カフェに4回も行けます。この仕組みも選ぶポイントでした。

 

【クレカ積立てのクレカ新規申込みに注意】

SBI証券での積立ては三井住友カードのみ可能です。口座を解説したらその流れで作らずに、何か別の期間限定のキャンペーンのサイトから作ったほうがお得です!私は流れにまかせて普通にカードを作ってしまいました、無念。

 

そして「楽天ユーザーなら楽天証券でもよい」です。

ネット証券を調べると、楽天かSBIかどっちというようなサイトに行き着きます。私が出す、なぜ楽天ではないのかという問いの答えは、チョコレートはロッテか明治、どっちが好きかということです。要はどっちでもいいのです。ただ私が楽天ユーザーではなく、かつ楽天のような企業に依存したくないから選択肢から外しました。

 

公式のサイトはこちらです。

SBI証券

SBI証券|ネット証券(NISA・株・投資信託・確定拠出年金(iDeCo)・FX)

楽天証券

楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)

 

最後に

このような理由で私はSBI証券を選びました。つみたてNISAの口座を作ったら、次に悩むのはどの銘柄を、どのくらい買おうかということかと思います。口座を作ったらおしまいではありませんし、沢山ありすぎる中からどの銘柄を買えばよいのか迷います。そのことはまた後々投稿しようと思います。