ventana

健康に楽しく、ライフログ

ブロンコビリーで、ランチにステーキ160gと充実したサラダバーを食べて思うこと

先週末にブロンコビリーにランチを食べに行きました。ハンバーグのチェーンは都内にも多いですが、ステーキのチェーンは店舗が圧倒的に少ないです。ステーキのおいしい個人のお店や鉄板のお店はありますが、高額ですので頻繁には行けません。

ブロンコビリーに行って、まず驚くのは従業員の多さです。今はタッチパネルやロボが料理を運んできたりしますが、ブロンコビリーは従業員が多く、丁寧で、早いです。平日にもかかわらずご年配の姿も多く、店内はすぐに満席になりました。コメダコーヒーもそうですが、テクノロジーを入れずにオペレーターにお金をかけるのは、その分サービスコストが高くつきます。それでもそのシステムを貫くのは、東海地方の気質みたいなものなんでしょうか。

料理がくるまでは、充実したサラダバーを楽しみました。期間限定の水ナスと塩こうじのお惣菜が美味しかったです。もちろんほかのサラダもドレッシングも魅力的で、肉が来る前に満たされてしまいます。サラダバーにはフルーツもゼリーもありますので、何周もします。

ランチメニューについて、780円のハンバーグランチにはサラダバーが付きませんので、サラダバー付きのステーキ160gとハンバーグ260gを注文しました。ハンバーグはあらびきで食べごたえがあります。ステーキはミディアムで美味しくいただきました。

ドリンクバーとジェラートも注文していましたので、すでにおなかパンパンでしたが、執着でジェラート全4種をいただきました。マンゴーが一番濃厚でした。

帰りにスクラッチ2枚をもらい、各割引が当たりましたので、期限の8月末までにまた行こうと思います。

週末にブロンコビリーに行って思ったことは、もっとおいしくて安いステーキチェーンが都内に欲しいということです。ブロンコビリーさん、都内に人件費などオペレートの経費を削って、同じクオリティの味を出す姉妹店を作っていただけないでしょうか。スシローの用に都内は店舗により金額高くてもいいです。